読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

omartha’s diary

本のこと、映画のこと、お化粧品のこと、食べもののこと。わたしが好きなものを綴る緩い日記。

小説:盲目的な恋と友情(辻村深月)

f:id:omartha:20170212234720j:plain

 

こんな終わりかたがあって良いのだろうか。さんざん共感させて、さんざん女の友情の恐ろしさを感じさせて、最後はあっという間の展開に驚かされた。ミステリーでもなく、女の友情の話でもなく、新しい辻村深月ワールドの始まりかもしれない。

 

タカラジェンヌの母をもつ美しい蘭花は、大学のオーケストラに指揮者として迎えられた星近と初恋に落ちる。でも、星近の裏切りが浮き彫りになったとき、5年間の恋は終わりを迎える。そのとき、2人の親友、美波と留利絵は蘭花に・・・。

お話しは、蘭花の目線で星近との恋が語られる第1部と、留利絵の目線で蘭花との友情が語られる第2部で構成されている。第1部は、燃えるような恋心がものすごいスピードで描かれる。あくまで彼が1番で、親友ですら彼の前には取るに足りないものになる。分かるよ、その気持ち。そして第2部はコンプレックスを抱えた留利絵の蘭花への気持ちが丁寧に描かれる。その気持ちの重たさにゾッとし、留利絵の可哀想なまでの屈折した性格に哀しくなってしまう。そして最後はまさかの展開。ああ、どこでボタンをかけ違ってしまったのだろう。幸せになるのはこんなにも難しいものなのか・・・。